イイ女の必須条件?!「デリケートゾーン脱毛」完全ガイド

HOME » 要チェック!ハイジニーナ脱毛Q&A » エステとクリニックはどちらが効果的?

エステとクリニックはどちらが効果的?

エステ脱毛とクリニック脱毛はどっちがいいの?VIO脱毛で失敗しないための基礎知識をまとめています。

医療脱毛とエステ脱毛の違いは?

デリケートゾーンの永久脱毛を考えた時、医療脱毛とエステ脱毛のどちらを選ぶか迷ってしまう…という人が多いようです。
そこで、ここでは、医療脱毛とエステ脱毛の違いについて解説していきます。

医療脱毛とエステ脱毛の大きな違いは、脱毛用機器の種類と医師のサポートがあるかどうかといえると思います。
具体的に、それぞれで行っている脱毛法を比較してみると、次の通りです。

医療脱毛

  • 医療電気脱毛
  • 医療レーザー脱毛

エステサロン

  • IPL脱毛(フラッシュライトによる脱毛)

医療電気脱毛というのは、ごく細い針を毛穴に差し込み、強い電気を流すことで毛根を焼き、破壊するというもの。
使用する脱毛機器は、エステの電気脱毛と違い、高出力で高い脱毛効果を発揮することができます。
高い出力で行うので、1本の毛根に電気を通す時間も短いですが、それなりに痛みは感じます。
以前はエステサロンでも似たような施術が行われていましたが、トラブルが続発したため、現在では行われなくなっています。

一方、医療レーザー脱毛は、黒いものだけにエネルギーが集まり破壊するメカニズムを持つレーザー機器を応用した脱毛法で、色々な種類があります。
自分の毛質に合った機器で、高い出力の照射を受ければ、半永久的に脱毛できるようになってきていて、針脱毛に比べて早い、痛みが少ない、毛を伸ばす必要がないという手軽さが受けています。

エステでは、法律上医療レーザーは使用できないため、フラッシュライトという、レーザーに似たメカニズムがある機器を使用して脱毛(IPL脱毛)を行っています。
出力のコントロールもしやすく、レーザーに似た便利な機械ではあるのですが、エステではトラブルが起こった際に治療ができないため、絶対にトラブルが起こらないような出力(つまり、弱い出力)でしか照射しません。
医療脱毛に比べると、効果が出にくいのはこのためです。

また部位にもよりますが、VIOなど、粘膜に近いデリケートな部分を脱毛する場合は、万が一のことも考え、クリニックでの脱毛をおすすめします。 

エステ脱毛での失敗は医療脱毛で取り戻せる!

エステ脱毛で失敗した…という話も、よく聞きます。

失敗談として多いのは、脱毛が完了したはずなのにまた生えてきたというもの。
エステでは、コースによって回数が決まっていますが、毛の量が多いなど、人によっては規定のコースでは足りないことも。
中には2年間保証や永久保証をつけているクリニックもありますが、予約が取れにくいなどの事情で諦めざるを得ないケースも少なくありません。

その点、クリニックは比較的予約が取りやすく、必ず医師が常駐しているため、万一のトラブルがあってもすぐに対応してもらえるという安心感があります。

エステ脱毛の失敗は残念ですが、他のエステサロンに通い直すよりは、より確実な効果が得られるクリニックを選ぶことをおすすめしたいと思います。 

 
デリケートゾーン脱毛ができるクリニックBEST5 東京編